たんぽぽコーヒーのおいしい飲み方!おすすめのレシピを紹介:たんぽぽコーヒー大全

体のために、たんぽぽコーヒーを飲みたい。そんな方に役立つたんぽぽコーヒーの基本的な知識や選び方、おすすめのたんぽぽコーヒーをご紹介しています。

たんぽぽコーヒーのおいしい飲み方!おすすめのレシピを紹介



コーヒーの代用として飲まれることが多い、たんぽぽコーヒー。

ここではコーヒーと呼んでいますが、
実際にはコーヒーとお茶を足して2で割ったような味わいがします。

ほんのりコーヒーの風味がするため、ストレートで飲んでも美味しいですし、ミルクなどを混ぜてアレンジして飲むのもなかなか美味しいんですよね。

今回は、そんなたんぽぽコーヒーの美味しい飲み方をいくつかご紹介したいと思います。




たんぽぽカフェオレ



たんぽぽコーヒーのアレンジというと、
この飲み方が一番メジャーではないでしょうか。

私自身も大好きです。

・たんぽぽコーヒーを濃い目に作る
・牛乳を15〜30ml程度注いでできあがり


牛乳の分量は好みで変えてください。
多めに入れてミルクの味を強めにした方が、カフェオレっぽくておいしいです。

好みで甘みを付けても良いでしょう。
健康が気になるなら、普通の白砂糖ではなく黒糖を入れたり、はちみつなどを入れるのがおススメ。




たんぽぽ豆乳オレ



たんぽぽ豆乳オレは、
たんぽぽカフェオレの豆乳版です。

牛乳を使うよりも、ちょっとあっさりした感じの味になります。

・たんぽぽコーヒーを濃い目に作る
・豆乳を約30ml程度注いでできあがり


豆乳の種類ですが、通常の豆乳だとちょっと水臭い感じの味わいになってしまうので、できれば特濃タイプを利用するのがおすすめ。

あと分量についても約30ml程度と書いていますが、好みで変えてください。やや多めに入れるようにした方が美味しいです。




たんぽぽココナッツミルクオレ



ココナッツミルク?なんて思われるかもしれませんが、結構おいしいんですよね。

ココナッツミルク自体に脂肪が多いので、
結構濃厚な味わいになります。

・たんぽぽコーヒーを濃い目に作る
・ココナッツミルクを約30〜50ml程度注ぐ
・好みで甘みを付けると美味


ココナッツミルクを多めに入れて、甘味を付けるとスイーツのようになって美味しいです。

脂質が多くカロリーが高くなりやすいので、飲みすぎに注意しましょう。




いつまでも冷たい!アイスたんぽぽカフェオレ

「冷たい」たんぽぽカフェオレを作る場合のおすすめのレシピをご紹介します。



・たんぽぽコーヒーを濃い目に作る
・たんぽぽコーヒーを冷ましてから製氷皿などで凍らせる
・凍らせたたんぽぽコーヒーを適量、コップにいれる
・氷の上からミルクを注ぐ


凍ったたんぽぽコーヒーが少しずつ溶けてきて、
カフェオレ風の味わいになっていきます。

なんとなく見た目にお洒落な感じなので楽しいですし、美味しいです。

長時間冷たい状態で飲めるので、暑い夏におすすめ。
ただし、体が冷えやすい方や冷やしたくない方は飲みすぎにご注意ください。




たんぽぽコーヒーのアレンジは気分転換をしたい時におすすめ

普段はストレートでたんぽぽコーヒーを飲んでいるけれど、たまには違ったものが飲みたいなんてこと、ありますよね。

そんな場合に先にあげたようなアレンジを試してみてください。

記事中にも書いていますが、たんぽぽコーヒーをアレンジする場合は通常よりも濃い目に出すのがおススメ。

その方が、コーヒーで作ったような味わいで美味しいです。
普通の飲み方に飽きたら、是非試してみてください。





当サイトおすすめ!妊娠中・授乳中でも安心して飲めるおいしい「たんぽぽコーヒー」



数多くのたんぽぽ茶やたんぽぽコーヒーを飲んできた、管理人自身がおススメだと思う「たんぽぽコーヒー」をご紹介しております。

味の好みは人により異なるため、ひょっとすると口にあわない可能性もあるかもしれませんが、 参考にしていただけますと幸いです。

>>記事を読む



関連記事


品質も味も◎
おすすめのたんぽぽコーヒーです。