たんぽぽコーヒーはいつ飲むのが効果的?:たんぽぽコーヒー大全

体のために、たんぽぽコーヒーを飲みたい。そんな方に役立つたんぽぽコーヒーの基本的な知識や選び方、おすすめのたんぽぽコーヒーをご紹介しています。

たんぽぽコーヒーはいつ飲むのが効果的?



健康のためにたんぽぽコーヒーを飲んでいるという人、少なくありません。

例えばコーヒーや紅茶の代用として飲んでいる人もいれば、ダイエットなどに飲んでいる人もいるなど目的はざまざまですが、どのような理由で飲むにせよ、せっかく飲むならたんぽぽコーヒーがもつ健康効果の恩恵を得られるような飲み方をしたいところ。

今回は、たんぽぽコーヒーを飲む最適なタイミングについて解説します。




ダイエット目的なら食前や食中がおすすめ

たんぽぽコーヒーをダイエット目的で飲むのなら、食前や食事と一緒に飲むようにするのがおすすめです。



たんぽぽコーヒーに使われているたんぽぽの根には、ビタミンやミネラルとはじめとする様々な成分が含まれていますが、なかでも有名なのが「イヌリン」と呼ばれる成分。

イヌリンは水溶性の食物繊維に分類される多糖類の一種で、摂取により血糖値の上昇を抑制する働きが期待できるとされています。

血糖値は主には糖質を摂取すると上昇しますが、急激な上昇は脂肪蓄積の原因になるんですよね。

イヌリンは、そんな血糖値の急激な上昇を穏やかにしてくれます。イコール、脂肪が蓄積するのを防げるというわけです。



ダイエットをイヌリンの働きを期待するのなら、最初にも述べたように食前や食事と一緒にたんぽぽコーヒーを飲む必要があります。

まあ、1〜2杯のたんぽぽコーヒーにダイエット効果が期待できるくらいのイヌリンが含まれているというわけではないため、過信は厳禁ですが、漠然と飲むよりはよいでしょう。

たんぽぽコーヒーには利尿作用があるため、体内の余分な水分を排出することでむくみ太りを解消する働きも期待できます。




妊娠中や産後の女性が「嗜好品」として飲む場合はいつ飲むのが良い?



妊娠中や産後の女性が、健康に良いからという理由や嗜好品として飲む場合はいつ飲むのが良いのでしょうか?

特に明確な健康目的があるわけではなく、なんとなく健康に良いと聞いたから飲んでいる場合や、コーヒー代わりに嗜好品と飲んでいる場合です。



朝飲むのが良いとか、寝る前に飲むのが良いなどいろいろな説があるようですが、嗜好品として飲むぶんには通常のお茶と同じように好きなタイミングで飲んでOKです。

そもそもたんぽぽコーヒーは薬ではありませんから、どれだけ飲んだから確実に何かに効くということはありません。

健康効果…とはいっても、1〜2杯のたんぽぽコーヒーに含まれる成分は微々たるものです。

食後やほっとしたいタイミングなどに、
適量を飲むようにするとよいでしょう。




極端な飲み過ぎは避けよう



通常のお茶と同じように飲んでOK…なたんぽぽコーヒーですが、だからといって極端に飲み過ぎるのは避けたほうが無難です。

たんぽぽコーヒーは飲み過ぎてもよい?飲み過ぎによる副作用はないの?でも触れていますが、もともとたんぽぽの根は漢方薬の材料としても利用されているものです。

薬ではありませんが、たんぽぽの根には様々な成分が含まれています。

少量の摂取なら問題ありませんが、あまりに日常的にたくさん取り過ぎることが続くと、体になんらかの影響を及ぼす可能性も否めません。

できれば、1日3杯程度にとどめておくのが良いでしょう。
その程度の量ならまず問題ないはずです。




当サイトおすすめ!妊娠中・授乳中でも安心して飲めるおいしい「たんぽぽコーヒー」



数多くのたんぽぽ茶やたんぽぽコーヒーを飲んできた、管理人自身がおススメだと思う「たんぽぽコーヒー」をご紹介しております。

味の好みは人により異なるため、ひょっとすると口にあわない可能性もあるかもしれませんが、 参考にしていただけますと幸いです。

>>記事を読む



関連記事


品質も味も◎
おすすめのたんぽぽコーヒーです。