たんぽぽコーヒーは飲み過ぎてもよい?飲み過ぎによる副作用はないの?:たんぽぽコーヒー大全

体のために、たんぽぽコーヒーを飲みたい。そんな方に役立つたんぽぽコーヒーの基本的な知識や選び方、おすすめのたんぽぽコーヒーをご紹介しています。

たんぽぽコーヒーは飲み過ぎてもよい?飲み過ぎによる副作用はないの?



妊婦さんや、産後授乳中の女性に人気のたんぽぽコーヒー。

通常のコーヒーのようにカフェインが入っていないのにもかかわらず、コーヒーのような苦みを楽しめるため、もともとコーヒーを常飲していた方がコーヒー代わりに利用される例が多いです。

そんなたんぽぽコーヒーですが、カフェインが入っていないからといって、一日に何倍も飲む方がいます。



確かにカフェインは含まれていませんので、飲み過ぎたからといって眠れなくなったり、極端に体を冷やしてしまうことはありません。

だからといって、1日に制限なく飲んでも大丈夫なのでしょうか?

今回は、たんぽぽコーヒーを飲み過ぎることによる体への影響についてお話します。




たんぽぽコーヒーはノンカフェイン 常識的な量ならコーヒーのように神経質にならなくてもOK



たんぽぽコーヒーは、ノンカフェインです。

なのでカフェインの摂取を控えたい妊婦さんや、授乳中のお母さん、また健康上の理由からカフェインの摂取を控えている方に人気があります。

ノンカフェイン…というと、沢山飲んでも大丈夫な気がしますよね。
実際、朝から晩までたんぽぽコーヒーを飲んでいるという人もいるようです。



カフェインが入っていない以上、コーヒーほど飲む量に神経質になる必要はありません。

例えば食事の後のコーヒー代わりに飲む程度…
1日に1〜3杯程度くらいなら、全然大丈夫です。




極端なたんぽぽコーヒーの飲み過ぎは体に悪影響が出るかもしれない

通常のコーヒーほど摂取量に神経質になる必要はないたんぽぽコーヒーですが、極端な飲み過ぎには注意が必要です。

そもそも、たんぽぽコーヒーに使われているたんぽぽの根は、漢方薬としても利用されているものです。

薬として利用されるということは、体に何らかの作用を及ぼす可能性があるということであり、やはり飲み過ぎはよくないでしょう。

以下、たんぽぽコーヒーを飲み過ぎることで起こるかもしれない症状、副作用についてまとめてみましたのでご覧ください。



体を冷やす




たんぽぽコーヒーには、体を温める働きがあるといわれる一方で、冷やす働きもあるといわれます。

一見矛盾しているようですが、血流を促進する作用がある一方で、炎症を抑える=冷やす働きもあるのですよね。

暖かいたんぽぽコーヒーを適度に飲む分には、体を温めてくれますが、飲み過ぎると逆に冷やしてしまう可能性があります。



なお、中には冷たいたんぽぽコーヒーが好きなんだけど…という人もいるかもしれません。

冷やして飲むのが悪いというわけではありませんが、たんぽぽコーヒーであるかそうでないか以前に、冷たい飲み物は身体を冷やしたり胃腸に刺激となりやすいです。

たまに嗜好品として冷たいたんぽぽコーヒーを楽しむことは悪くありませんが、常に冷たい飲みものを飲むことはお勧めできません。

健康のためにたんぽぽコーヒーを飲むのなら、温めて飲むのがおすすめです。




利尿作用によって頻尿になりやすい




たんぽぽコーヒーに使われているたんぽぽの根には、利尿作用があります。

なので飲み過ぎるとトイレが近くなる、
いわゆる頻尿という状態になってしまうかもしれません。

適度な量を飲んで、適度な利尿作用を得られる分には悪くないと思います。

ただ、頻尿になると体を冷やしてしまう可能性があること、また利尿作用の程度によっては血圧を下げてしまう恐れもあり、もともと体質によっては低血圧の症状がでてしまう可能性があります。




たんぽぽによるアレルギーが起こる可能性




たんぽぽにアレルギーを起こす方もいます。

まあ、基本的に食物はどのようなものでもアレルギーを起こす可能性があるため、たんぽぽコーヒーだから注意しなくてはならないというわけではありません。

ただ、キク科の植物にアレルギーを持っている場合は、いきなり飲み過ぎることは控えたほうが良いかもしれません。

たんぽぽもキク科の植物であり、人によっては反応してしまう可能性もないとはいえないからです。



ちなみに、私自身もキク科の植物にアレルギーを持っていますが、たんぽぽコーヒーを飲んでアレルギーのような症状が出たことはありません。

なので、キク科の植物にアレルギーがあったとしても、
たんぽぽにアレルギーがでなければたんぽぽコーヒーを飲んでも大丈夫です。

もちろん、アレルギーがあると分かった場合は飲んではいけません。

気になる人は、少量からたんぽぽコーヒーを試すようにし、
もし大丈夫だった場合でも、過剰に摂取せず適量を楽しむ程度にしておくとよいでしょう。




持病がある場合は医師に相談しよう

もし何らかの持病をお持ちの場合は、たんぽぽコーヒーを飲む前に医師に相談しましょう。

まあ、大丈夫だとは思いますが、普段飲んでいる薬の種類によっては相性が良くないものもあるかもしれません。

たんぽぽコーヒーに使われているたんぽぽの根は、漢方薬としても用いられているものであるため、事前に飲んでもよいかどうかを相談しておくと安心して飲めると思います。




コーヒーを飲むような感覚で飲むのがベター



通常のコーヒーのようにカフェインを含まないたんぽぽコーヒーですが、原材料のたんぽぽの根には体に何らかの影響を与える成分が含まれています。

日常的に飲んでいる水やお茶のような感覚で飲むと、身体によくない影響が出る可能性もあります。

制限なく飲むのではなく、たまに飲むコーヒーや紅茶のような「嗜好品」の感覚で飲むのが安全だといえるでしょう。

人によって適量は異なりますが、先でも述べた通り1日に1〜3杯程度であれば全く問題はないでしょう。

普段は食後に1杯まで(1日3杯まで)と決めておき、おなかの調子が悪い時は減らすなど、体の状態に合わせて臨機応変に増減するのがよいと思います。




当サイトおすすめ!妊娠中・授乳中でも安心して飲めるおいしい「たんぽぽコーヒー」



数多くのたんぽぽ茶やたんぽぽコーヒーを飲んできた、管理人自身がおススメだと思う「たんぽぽコーヒー」をご紹介しております。

味の好みは人により異なるため、ひょっとすると口にあわない可能性もあるかもしれませんが、 参考にしていただけますと幸いです。

>>記事を読む



関連記事


品質も味も◎
おすすめのたんぽぽコーヒーです。