たんぽぽコーヒーはなぜ妊娠中や産後の女性に良いといわれるの?:たんぽぽコーヒー大全

体のために、たんぽぽコーヒーを飲みたい。そんな方に役立つたんぽぽコーヒーの基本的な知識や選び方、おすすめのたんぽぽコーヒーをご紹介しています。

たんぽぽコーヒーはなぜ妊娠中や産後の女性に良いといわれるの?



コーヒーの代わりに飲まれることが多い、たんぽぽコーヒー。

妊娠中や産後の女性に良いといわれているのをよくネットや雑誌などで目にしますが、なぜなのでしょうか?




たんぽぽの根は漢方薬としても有名



たんぽぽは道端に咲いている花、雑草というイメージが強いですが、実は古来から根・葉・花ともに食用として使われてきただけではなく、根は漢方薬としても有名です。

例えば中国では、たんぽぽの根の部分が「蒲公英根(ほこうえいこん)」として漢方薬に使用されていますし、ヨーロッパでもハーブの1種として親しまれています。

特に漢方薬としては、「お乳が出ないとき、また乳腺の炎症や腫物など炎症の改善」に用いられることが多いようです。

一般的に、妊娠中や産後の女性にたんぽぽコーヒーが良いといわれることが多いのは、そのような作用が期待できるたんぽぽの根が使われているからだといえます。

まあ、漢方薬として飲むのと飲み物にして飲むのとではまた違いますが、コーヒーを飲むよりもずっと良さそうです。



体を温めてくれる…というのはちょっと違うかも



カフェインを含む紅茶やコーヒーは体を冷やすといわれますよね。

そう言われるのはカフェインに血管の収縮作用があるから。血管が収縮して血のめぐりが悪くなることで、体が冷えてしまいやすくなるんです。

一方でたんぽぽコーヒーは、コーヒーとは言ってもカフェインは含まれていないため、飲んでも前述したような作用はありません。

そればかりか、様々なサイトを見ていると「たんぽぽコーヒーには冷えに良い」と書かれているのを目にします。

なので、たんぽぽコーヒーに体を温める効果があるというイメージを持っている方は少なくないのではないでしょうか?



確かに、たんぽぽコーヒーは陰陽五行の思想でいうと陽性食品にあたるため、体を温める食品だといえます。

ただ、実はたんぽぽって「熱を冷ます働き」が強い植物なんですよね。

実際、薬草として炎症のような熱のある症状に使われることが多いのは、冷ます働きが期待できるからです。

となると、たんぽぽコーヒーに体を温める効果があるというのは真実ではないといえます。



まあでも、カフェインのはいったコーヒーのように体を冷やし過ぎることはないでしょう。

実際にたんぽぽコーヒーを定期的に飲み続けていますが、コーヒーを飲んだ時のような冷えは感じたことがありません。

とはいえ、飲めば飲むほど体を温めてくれるということもないと思われるため、体を温めたい人は冷たい飲み物としてではなく、温かい状態で飲むようにしましょう。



当サイトおすすめ!妊娠中・授乳中でも安心して飲めるおいしい「たんぽぽコーヒー」



数多くのたんぽぽ茶やたんぽぽコーヒーを飲んできた、管理人自身がおススメだと思う「たんぽぽコーヒー」をご紹介しております。

味の好みは人により異なるため、ひょっとすると口にあわない可能性もあるかもしれませんが、 参考にしていただけますと幸いです。

>>記事を読む



関連記事


品質も味も◎
おすすめのたんぽぽコーヒーです。